ChatGPTチュートリアル

ChatGPTの開発元であるOpenAI

同社は2022年11月にChatGPTをベータ版としてリリースしました。わずか5日間でユーザー数が0から100万人に成長しました。開発者は、ユーザーのプロンプトに基づいて文脈を理解し、人間らしいテキストを生成するためにそれを設計しました。ChatGPTは大規模なデータでトレーニングされており、さまざまなスタイルやトーンを提供することができます。高度なAI技術を使用して、驚くほど一貫性のある文脈に即したテキストを生成します。

ChatGPTを安全な環境として宣伝するために、開発者はモデルの倫理的な使用を確保するためにいくつかのセーフガードを実装しています。モデルが有害または不適切なコンテンツを生成するのを防ぐための対策がありますが、ユーザーはしばしばルールを破る方法を見つけます。

OpenAIはGPTおよびそのチャットボットのバリアントである複数のバージョンをリリースしており、2018年にGPT-1、2019年にGPT-2、2020年にGPT-3、2023年にGPT-4をリリースしました。今後のGPT AIモデルであるGPT-5は既に商標登録されており、開発者はまた、GPT-5を含む今後のモデルのトレーニングにGPTBotのクローリングを認識しています。

ChatGPTとは何ですか?

ChatGPTは、ユーザーのプロンプトまたは入力に基づいて生成されるAIによるテキストです。それは、チャットボットとしてOpenAI GPTを使用して構築された重要な言語モデルです。ChatGPTは、予測による文の生成を可能にする高度なモデルであるGenerative Pre-Trained Transformerの略です。ChatGPTは、メールの起案、コードの記述、言語の翻訳、ビデオゲームのキャラクターのシミュレーションなど、さまざまなアプリケーションでの柔軟性を持って使用されています。それはトランスフォーマーアーキテクチャを使用しています。

それはデータを保存し、継続的な学習と改善のためにトレーニングを行います。モデルは研究とユーザーフィードバックに基づいて更新され、ChatGPTのパフォーマンスと利点を向上させるのに役立ちます。それはインターネットからの大規模なデータベースでトレーニングされているため、ChatGPTのパワーを提供するディープラーニングプラットフォームです。

AIに関する経験に関係なく、人間らしいテキストを生成するためのその能力を活用する方法を理解することができます。ChatGPT Plusは、OpenAIが提供する高度な言語モデルのための定期購読プランであり、月額20ドルの費用がかかります。ChatGPT Plusの追加の利点には、ChatGPTへのより良いアクセス、より高速な応答時間、新機能や改善への優先アクセスが含まれます。

ChatGPTはどのように機能しますか?

OpenAIは、チャットボット、バーチャルアシスタントなどの自然言語処理(NLP)アプリケーションで人間らしい応答を生成するためにChatGPTを設計しています。高度なGPTアーキテクチャのコア機能により、文脈を理解し、関連する応答を生成し、テキスト、コードの断片、または箇条書きなどの異なる形式で創造的な出力さえも生成することができます。ただし、ChatGPTは広範な知識ベースに依存し、インターネット上の膨大なテキストデータセットでの広範な事前トレーニングを通じてそれを蓄積します。

これには、人間のフィードバックを使用して応答の品質を測定しランク付けするReinforcement Learning from Human Feedback(RLHF)手法が使用されます。ここでは、エンジニアはProximal Policy Optimisation(PPO)アルゴリズムを適用して強化学習手法を微調整し、ChatGPTからより現実的な応答を生成します。これにより、チャットボットは追加の質問に答えたり、間違いを認めたり、不正確な前提を問いただしたり、不適切な要求を拒否したりすることができる人間らしい会話パターンを模倣することができます。

ChatGPT API

ChatGPTの機能

以下はChatGPTの機能の一部です:

  • テキストの理解
  • 簡単な質問や提案に答える
  • コンテンツの作成
  • リストの生成
  • コードのデバッグ
  • 利点と欠点の比較
  • 教育の支援
  • 創造的な文章の執筆支援
  • 研究の支援
  • ブレインストーミング
  • 翻訳
  • ステップバイステップの指示の提供
  • バーチャルアシスタントとしての役割など、さまざまなことができます。

ChatGPTでは、新しいアイデアや視点を生み出すためのブレインストーミングなど、さまざまなことができます。また、最初の下書きを書き始めることは非常に難しいですが、異なるタイプのメールや情報を要点にまとめた要約を書くためのメールの作成を手助けします。

ChatGPTの使い方


ChatGPT 3.5を使うための手順は以下の通りです:



  • OpenAIプラットフォームでアカウントを登録してください。
  • メールアドレスを入力し、確認し、電話番号も入力してください。
  • ChatGPTを開き、OpenAIアカウントでログインしてください。
  • 利用規約に同意してください。
  • ChatGPTの下部にあるテキストボックスにプロンプトを書き始めてください。

書く前に、最初の下書きで何を言いたいのかを考えるべきです。作品に最適なタイトルを見つけることは難しいですが、クリエイティブアシスタントとしてChatGPTを使用してタイトルのアイデアを見つけることができます。ChatGPTを使用するには、特定のプロンプトを提供してチャットボットとの会話を行います。

ChatGPTは私に何ができるのでしょうか?


ChatGPTには、以下のような機能があります:

  • カスタマーサポートの強化:カスタマーケアサービスで最も露出の多い仕事の一つです。
  • トレーニングやオンボーディングのサポートを通じて、インタラクティブで個別化されたアプローチを通じてオンボーディング体験を効率化する
  • 個人の生産性の向上やスケジュールの管理、時間管理戦略の提案など、新しいことを学ぶのに役立ちます。

プロンプトの書き方

  • シンプルなプロンプトから始めてください。
  • can youの代わりにwrite、create、またはsummariseなどのアクションワードを使用してください。
  • 実行したいタスクに関連性のある具体的な文脈を追加してください。これにより、コンテンツに対する明確で直接的な期待が提供されます。

異なるプロンプトで実験することは必要ですが、それらは明確で具体的であり、GPT-AIモデルが理解し、応答を生成するのに役立ちます。また、ChatGPTに役割を割り当てる際に、プロンプトに役割を与えることもできます。

洗練させて実験してみてください。Google Bard、Microsoft Bing、Preplexity、Claude 2などの代替手段もあります。ただし、ChatGPTには文脈の理解の欠如、現実世界の知識の不足、過信、プロンプトの表現に対する感度などの制約や欠点があります。

コメントする